京都のAGA専門クリニックではどんな治療薬が使われる?薬の種類とその効果を解説!

京都にはさまざまなAGA専門クリニックが開業しています。

そして京都のAGA専門クリニックが行う治療では、その症状に応じて様々な薬が処方されます。

確かにクリニック以外でも育毛剤やトニックなど、多数の薄毛対策商品が販売されています。

残念ながら、これらの商品は薄毛の改善にはそれほど効果はありません。

中には市販の育毛剤のおかげで髪の毛が生えた方もいらっしゃいますが、その因果関係は不明です。

しかし、AGA専門医院で処方される治療薬は全く違います。しっかりとした医学的根拠に基づいて、薄毛の患者さんに処方されるのです。

さて、京都市内のAGA専門クリニックにおいて、いったいどのような種類の薄毛治療薬が使われているのでしょうか。

一つずつ詳細に見ていきましょう。

脱毛因子を阻害する、プロペシアの特徴と効果

男性の薄毛AGA治療薬の代表約として名高いプロペシアは、フィナステリドという有効成分が主となっています。

AGAは、ジヒドロテストステロンという、頭皮の毛穴にある細胞に作用して脱毛を促す男性ホルモンによって起こるものですが、そのホルモンを生み出す5αリダクターゼという酵素を阻害する力を持っています。

機能としては速効性がなく、一日一錠の服用で200円から300円を、半年以上の長期を見越しての使用となります。自由診療の薬であるため保険の適用範囲内にはなく、全額を自己負担しなければならないため、費用が大きくかかることを覚悟しなければなりません。

最新のAGA治療薬、ザガーロの特徴と効果

ザガーロは、2015年に日本で認可された、AGA治療薬としては比較的新しい類の薬です。主成分をデュタステリドとし、元々前立腺肥大薬として使用されていましたが、薄毛治療にも効果があることがわかり、名前を変えて新しくAGA専用のものとして生み出されました。

機能としては他のAGA治療薬と同様に、後々頭髪の育成に影響を及ぼす5αリダクターゼ酵素に作用し、ジヒドロテストステロンの生成を阻害することにあります。

5αリダクターゼには1型と2型が存在し、プロペシアが2型のみに影響を与えるのに対して、この薬は1型2型両方に作用するため、より強力な効果が期待できます。

血行の促進に効果的、ミノキシジルの特徴と効果

数ある男性の薄毛治療薬の中で、ミノキシジルの特徴は、抜け毛予防よりも育毛の方に効果があるということです。

進行性であるAGAによって、次第に細くなって抜けやすくなる頭髪を太く成長させることを主な目的としています。

なので、プロペシアやザガーロのような、髪が成長サイクル中に抜けてしまうことを防ぐ薬と併用することも可能です。内用と外用両方の形があることも特徴的です。

そのメカニズムは、頭皮の毛細血管を拡張して血流を促進させ、必要な栄養を届けやすくするとともに、良好なサイクルを作り出すというもので、アメリカの食品医薬品局にも認められている確かな効能です。

HARG療法やメソセラピーなどの特徴

AGA治療法には、薬によるもの以外にもいくつかの選択肢が存在します。そのひとつがメソセラピーというもので、超音波やレーザーなどの科学技術を使用し、育毛成分を頭皮に浸透させていくというものです。こちらは効果が比較的短期で出やすいという特徴があります。

その他にHARG療法というものがあり、髪を生み出すもとである毛母細胞に直接働きかけ、毛の育成を促すというものです。幹細胞から取り出したタンパク質抽出物によって発毛を促進させ、頭髪のサイクルを正常なものへと導く、再生医療を用いた治療法です。これは複数面からアプローチがかけやすい方法です。

京都でAGA治療薬を入手するなら専門のクリニックで

京都内で、これらの薬は一般的に販売されていません。

一部の治療薬については個人輸入で海外から手に入れることも不可能ではありません。

しかし、そのような薬には一切保証がありません。万が一健康被害が出ても自己責任となります。

中には、余計に薄毛が酷くなったり、全く有効成分が含まれていない粗悪な薬もあります。

京都でAGA治療薬を手に入れるなら、必ず専門の医院から購入するようにしましょう。京都のAGA専門クリニックでの治療体験記事もありますので、ご一緒にどうぞ。