http://www.sprucecreekflyco.com

AGAコラム

AGA治療の発毛効果は?継続期間などを解説

投稿日:

AGAの症状別の効き方の違い

AGA治療の効果は部位によって異なってきますが、いずれも地道なケアで増やすことができます。

生え際(M字)型は少しずつ後退していくのが特徴で、他のタイプより実感しにくいので気長にケアすることが大切です。

頭頂部型は髪質がザラザラしてきたら増えている証拠であり、洗髪前に頭皮を指でチェックしてみると変化を感じやすいです。

前頭部型は目視で確認できますが、一気に髪が増えるわけではありません。産毛が少しずつ太くなる、髪が立ってくる、全体的に黒くなってくる、などの症状があります。

効き方を実感するには1ヵ月に1回などと写真撮影をして比較するのがおすすめです。

効果が出始めるまでの期間

AGAの治療はすぐに実感できるわけではありません。

生え際(M字)型は効果が出にくく、1年以上は継続する必要があるでしょう。

AGAは突発的に発生すると思われていますが、決してそうではありません。

薄毛を実感した場合、すでに原因は数年前からあったと考えるべきでしょう。

頭頂部型は比較的実感しやすく、4~6ヵ月くらいで産毛が黒くなってくることが多いです。

前頭部型は頭頂部より実感に時間がかかりますが、生え際よりは短期間で変化を得られるのが普通です。

いずれのタイプにおいても、コツコツと継続することが髪を増やすコツとなります。

効果はどれくらい持続する ?

AGA治療の効果が出始めても、すぐに治療をやめてはいけません。

本来であれば薄くなる状態に対抗しているわけですから、ケアは継続してください。

ケアをやめてもすぐに薄くなるわけではありませんが、時間をかけて元に戻っていきます。

改善までに3ヵ月かけた方なら、同じくらい放置すれば元の状態に戻ると考えてよいでしょう。ある程度のボリュームまで回復させるためには、継続的なケアが必要なのです。

ボリュームが復活したあとも、現状維持のためにケアを続けてください。

年齢を重ねるほど薄毛のリスクは高くなるため、予防対策が必要になってきます。

薄毛治療を止めるとどうなる?

薄毛治療を止めると、時間をかけて元のボリュームに変化していき、最終的に以前より薄くなります。

AGAは男性ホルモンの影響を強く受けるタイプの薄毛ですが、年齢の影響も少なからず受けるのです。

年齢を重ねるほど薄くなりやすいため、これに対抗するためにケアは継続しましょう。例えば発毛剤を使用した薄毛治療なら、予防も兼ねて一生涯において継続するのが理想です。

頭皮のケアをスキンケアに例えるとわかりやすいですが、スキンケアは何歳になっても行なうでしょう。

元気な頭皮を維持するためにも、発毛剤は継続的に使用して頭皮の元気を維持してください。

-AGAコラム

Copyright© AGAの薄毛治療を京都のクリニックで受けてきた【体験ブログ】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.