血行を促進して髪に栄養を行き渡らせる!ミノキシジルによるAGA治療のメリット・デメリット

育毛トニックなど外用薬としてAGA治療に使われる『ミノキシジル』。

ミノキシジルは元々高血圧の患者を治療する為に使われていた薬です。血管を拡張する効果があるために、血液の流れを改善して血圧を下げる効果があります。

このミノキシジルの特徴や治療に使った際のメリット・デメリットを紹介します。

ミノキシジルのメリット

ミノキシジルは育毛成分の一種で、男性型脱毛症であるAGAを治療する効果があります。

薄毛を発症する原因には様々なものが考えられますが、血流が悪化していることも1つの要因です。

特に頭皮は皮膚が薄く、毛細血管も細いため、十分な血流が届きにくい箇所なのです。

毛髪の成長に必要な栄養素は血液を通して毛根に届けられているために、血行が悪くなると薄毛を進行させてしまう原因になります。

これら血行不良が原因の薄毛には、ミノキシジルが効果を発揮します。

ミノキシジルの血管拡張作用によって全身及び頭部への血流が増え、栄養が毛根まで行き渡りやすくなります。

十分な栄養を吸収できるようになった毛根は、健康な毛髪を生やしやすくなります。

また、ミノキシジルは毛根に存在している毛母細胞に刺激を与える効果もあり、細胞分裂を促進させることで、髪の毛の細胞の増加を促します。

ミノキシジルのデメリット

ミノキシジルは医薬品に使用されることが認められている成分ですので、塗布することで一定の副作用を発症する可能性があります。

主な副作用の症状としては、ミノキシジル配合の育毛剤を塗布した部分に赤みやかゆみ、湿疹などの皮膚の異常が現れるものです。

血流を増進させるために血圧に影響を与えることもあるために、何らかの疾患を抱えている人は医者の判断の下で注意しながら使う必要があります。

特に元々低血圧の人は、必要以上に血圧が下がり過ぎる可能性もあります。

男性ホルモンに関係する作用を与える特徴を持つ成分で、全身の毛が濃くなったり、毛が生えてなかったところから産毛が生えるなどのいわゆる多毛症になる人も稀にいます。

価格はどれくらい?

ミノキシジル入りの育毛剤を市販で購入するときには、1本あたり6000円ほどの費用がかかります。

ミノキシジルは医薬品成分であるために、認められている製薬会社が作っているものしか市販では購入できません。

1本でおよそ1か月間は使用できますが、ミノキシジルを使ったAGA治療は継続性が大切で、最低でも半年以上の期間は使い続ける必要があります。

AGAクリニックでの処方を受けた場合も、5,000円〜6,000円ほどの費用がかかります。

しかし、同程度の費用といっても、有効成分の含まれる量は違います。

市販の育毛剤は、定められた以上の成分量を超えることはできません。

つまり、クリニックで処方されるミノキシジル外用薬のほうが、一般的に成分含有量が高く、その分効き目も増すのです。

どのAGA治療にも言えることですが、1度治療を開始したら止めることなく続ける必要があります。

どこで購入できる?

ミノキシジルが含まれている育毛剤は、市販品でも購入が可能ですが、自分の薄毛が本当にAGAであるかどうか確認してから使いたい人も多いと言えます。

医者にしっかりとした診察をしてもらった上で処方を受けるのであれば、AGA専門のクリニックに通うことで入手できます。

ミノキシジルは医薬品成分なので、病院での処方が行われています。

ただし、医療機関で処方を受けた場合でも健康保険の適用は受けられませんので、自己負担で費用を支払う必要があります。

また、初めて通う医療機関では初診料がかかりますし、近くに専門の所が無い場合には交通費がかかることも忘れてはいけません。

クリニックによっては初診料が無料のところもありますので、最寄りのAGAクリニックの公式サイトなどで確認するといいでしょう。