http://www.sprucecreekflyco.com

AGAコラム

AGA治療の料金の目安を解説

投稿日:

AGA治療は保険が使える?

AGA治療の場合、基本的には保険は適用されないことになっています。

そもそも医療保険は健康のために必要なものに用いられることになっています。

抜け毛や薄毛治療というのは健康とは関連性が薄いため、この場合保険は適用されません。

そのため、治療薬に関してもそれは同じであり、飲むタイプのもの、塗るタイプのもの、植毛、発毛治療などには保険は適用されません。

そのため、基本的には全額を負担する形となっており、そのあたりに注意が必要です。

ただ、医療費控除という形で治療薬の費用が控除される可能性もあります。

これは精神的な病気により髪の毛が抜け、その治療のために用いていることが認められた場合です。

そのため、まずは税務署に相談をし、控除が適用されるかどうかを聞いてみることをおすすめします。

もしお墨付きを得ることができれば、その分が控除されます。

そのため、多少はお得に治療薬を手にすることができる可能性が考えられます。

AGA治療の料金の目安

治療法によって、費用が様々になっているのも事実です。

例えば、自毛植毛の場合、1000本あたり数十万円程度と言われています。

人間の髪の毛は10万本程度あると言われており、発毛状況によっては必要となる本数が変わり、結構な数が必要となれば、それだけ治療費もかかることとなります。

かつらも同様であり、かつらを作るのに数十万円程度、維持するのに1万円程度かかるとされています。

メンテナンスということを考えると、これらは結構かかります。

治療薬の場合ですが、クリニックで処方されるものは値段がバラバラであり、同じようなものでも値段に差が見られます。

これはジェネリックを使っているかどうかという部分で分かれており、飲む場合は1か月分で1万円程度、塗り薬は8000円程度とされていますが、ジェネリックを使うだけで半値近くになることもあります。

このため、ジェネリックを積極的に活用することで治療費を大幅に削減することは可能です。

"

-AGAコラム

Copyright© AGAの薄毛治療を京都のクリニックで受けてきた【体験ブログ】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.