京都でのAGA治療費の目安をご紹介。保険の適用や医療控除はつかえる?

京都で受けるAGA治療費の目安

AGA治療は、地域によって治療費が大きく変わることはあまりありません。

それよりも、治療法によって費用に大きな違いがでることが大半です。

例えば、自分の髪の毛を髪が薄い所に移植する『自毛植毛』の場合、1000本あたり数十万円程度と言われています。

人間の髪の毛は10万本程度あると言われており、発毛状況によっては必要となる本数が変わります。

結構な数が必要となれば、それだけ治療費もかかることとなります。

かつらも同様に高額な薄毛対策で、かつらを作るのに数十万円程度、維持するのにも月1万円程度かかります。

メンテナンスということを考えると、なかなか大きな出費になります。

京都のAGAクリニックで処方される治療薬の場合

病院で治療をする場合は、クリニックによって価格に多少の違いがあります。

とはいえ、プロペシアやザガーロといった一般的に多数のクリニックで処方される薬の値段はさほど変わりません。

どのクリニックでも数千円の範囲で、平均的には5〜7,000円程度です。

京都だからといって治療費が安い・高いといったことはなく、地域による価格差はほとんどありません。

地域よりも選ぶクリニックの方が治療費に影響します。

また、全国展開しているAGA専門のクリニックであれば、ほぼ全国一律の料金です。

治療費が心配な方は、上記のような大手クリニックの京都院を選ぶと良いでしょう。

また、プロペシアの場合は『ファイザー』などのジェネリック医薬品もあります。

ジェネリックを選択すれば、1ヶ月の費用を千円〜二千円ほど節約することもできます。

効果に違いはありませんので、積極的にジェネリックを選ぶのも一つの手です。

クリニックのオリジナル治療薬は若干高くなる

クリニックによってはオリジナルの治療薬を処方している医院もあります。

オリジナルの治療薬は、薬の含有量を調整したり、異なる治療効果を持つ薬をブレンドしたりして治療効果を高めています。

そのため、一般のプロペシアなどに比べると、2倍程度の費用になるケースもあります。

だいたい月に1万円〜3万円程度の治療費のクリニックが多いようです。

AGA治療は保険が使える?

AGA治療の場合、保険は適用されません。もちろん京都に限らず、全国統一の制度です。

そもそも医療保険は健康のために必要なものに用いられることになっています。

抜け毛や薄毛治療というのは健康とは関連性が薄いため、この場合保険は適用されないのです。

診察だけではなく治療薬に関しても同様で、飲むタイプのもの、塗るタイプのもの、植毛、発毛治療など全て保険適用外となっています。

基本的に治療費全額を負担する形となり、出費もかさむので注意が必要です。

医療費控除も使えない

また、医療費控除も使えません。

通常、1年間に10万円以上の治療費を支払った場合は、確定申告することで治療費分の税金が返還されます。

しかしAGA治療は、純粋に美観を改善する為の治療として考えられています。

つまり、可処分所得から治療費を全額支払い、その分の所得税も全額支払う必要があります。

所得に余裕がある人でなければ、なかなか施術が難しい治療ということです。